MENU

ロシアをROC(ロシアオリンピック委員会)と呼ぶのはなぜ?東京五輪

東京オリンピック2020で、ROCという国名をよく目にしますよね。

このROCはロシアを指していますが、なぜROCと呼ばれるようになったのでしょうか?

また、ロシアの国旗や国歌が変わった理由についても気になりますよね。

今回は、東京オリンピック2020でロシアをROCと呼ぶ理由や、国旗や国歌が変わった理由についてご紹介します。

目次

ROCとは?ロシアをROCと呼ぶ理由

東京オリンピックを見ているとしきりに出てくるROCという国名。

これはロシアを現わしているのですが、どうしてロシアをROCと呼ぶのでしょうか。

それはロシアのドーピング問題と関係がありました。

ロシアのドーピング問題

2016年のリオオリンピックの前に、ロシアに国家ぐるみのドーピング問題が発覚しました。

ロシアが国家の主導で、IOCにより禁止された薬物を選手に投与してきた事実が判明したのです。

これによりロシアは、国際的な世界の大会に出場する権利を失ってしまいました。

そこでロシアは、国際オリンピック委員会(IOC)「ロシアオリンピック委員会(ROC)」という名前で参加することは出来ないか伺いをたてたのです。

そうして「ロシア オリンピック コミッティー(ROC)」と名付けられたチームが誕生することとなったのです。

ROC 参加条件は?

ROCの選手になるには以下の条件を満たしている必要があります。

  • ドーピング違反歴がない
  • 過去にドーピングの疑惑がない
  • 個人資格で出場

これだけの条件をクリアしていないと、大会に出場することはできません。

ROC 国旗はロシアと同じ?

ROCのユニフォームについている国旗や、メダルを取ったときに掲げられる国旗は、ロシアの国旗に使われている色の「白、青、赤」の3色が使われています。

ロシアのユニホームにはロシア国旗である「白、青、赤」の使用は認められています。

これにより、選手としては国家を上げて国の名前を使ってはいけないにも関わらず、実態はロシアのままのなるため、他国からは処分が甘いとも言われているようですね。

ROC 国家はロシアと同じ?

ROCの国歌は?

ROCの国歌は、ロシア国歌に代わって、

チャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」

の一部を演奏することを許可されています。

ロシアをROCと呼ぶのはいつからいつまで?

ロシアを「ROC」と呼ぶ期間は、

2019年からの4年間(2022年12月まで)

となっており、この期間はロシアとして出場できないようです。

国家主導でのドーピング問題は、世界中に衝撃を与え、ロシアのスポーツ界をクリアにするためにも、IOCは厳しい処分を下したようです。

ただその実、ROC(ロシア・オリンピック委員会)と名前は変えてはいるものの、実態としては出場できていますよね。

2022年までの処置なので、2024年のパリオリンピックではロシア表記に戻る予定です。

ロシアをROC(ロシアオリンピック委員会)と呼ぶのはなぜ?東京五輪 まとめ

ロシアを「ROC」と呼ぶ理由は、ロシアの過去のドーピング問題が関係していました。

2019年からの4年間(2022年12月まで) は、ロシア国家としての出場ができなくなっており、代わりにROCとして出場しています。

ロシアの国旗や国家も使用はできませんが、ロシアを連想できる色の使用はできています。

ここに賛否両論あるところです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる