>> 見逃し配信を無料で視聴する <<

中村克がイケメンで筋肉がすごい!インスタや画像も!

東京オリンピック水泳代表の中村克己選手がイケメン!そして筋肉もすごいと話題になっています!

水泳で鍛え上げられた筋肉は、きれいな逆三角形で無駄のない筋肉でステキですよね!

さっそく見ていきましょう♬

目次

中村克 イケメン画像

中村克選手やっぱりイケメンですよね!

鍛えられた無駄のない筋肉と、高身長から海外のモデルさんのような着こなしもできて、モデルとしても十分通用する体格ですね。

永井大さんに似ているという声も上がっています。

永井大さんの画像がこちら。

確かにこうやって見てみると似ているところありますね。

輪郭や目鼻のパーツなど系統が似ている感じがします。

松山ケンイチさんにも似ているとの声がありましたが、この画像は特に似ている感じがしますね。

松山ケンイチさんの画像がこちら。

お顔全体の肉付き感とか、パーツの配置、目の印象とかが似ている気がしますね。

画像によっても全く印象が違ってくるので「似ているときがある」っていうのが近いのかもしれません。

中村克さんはイケメン俳優としても十分にやっていけるだけの素材をお持ちですよね♬

中村克 脱毛

 中村克己選手は、脱毛にも気を配っています。

月1回程度のペースで全身のワックス脱毛をしているのだそう。

もともと毛は少ないほうなのだそうですが、ワックス脱毛をすることによって古い角質も取れて肌もきれいになり、ワックスの効果で水も弾けて抵抗も減るのだそう。

なるほどそれは一石二鳥ですよね。

海外の選手は脱毛している選手が多いですが、日本人はあまり多くない印象があるので、中村克選手は特に美意識が高いのかもしれません。

中村克 ボクシング トレーニング

中村克選手は、トレーニングにボクシングを取り入れています。

一見、競泳とは関係のなさそうなこのトレーニングですが、実は体幹と腰の連動を意識した動きが競泳のキックにも繋がるのだとか。

水中で疲れないキックをするための下半身のコントロールや、レース後半になってもぶれない体幹の強化を実現させることができるのだそう。

中村自身も、とその効果を説明しており、現在の中村は言うならば、特に後半の泳ぎが見逃せない選手となった。

「(後半が)きつくても、体幹をきかせたまま、ぶれずに最後まで泳ぎ切ることができる。やっぱり、いい姿勢で泳ぐと抵抗も少ない。結果的に速くなる」

「平凡な練習だと結果は出せないと思っている。だからこそ、とんでもなくきつい練習をやることが成功する一番の近道」

https://post.tv-asahi.co.jp/post-93511/

中村克選手の快挙の裏には、こういった努力があったのですね!

与えられたトレーニングだけをこなすのではなく、自ら考え抜いて必要なトレーニングを見つけて実践するという積極的な努力というのがあってこその、新記録更新の偉業なのかもしれません。

中村克 プロフィール

  • 名前:中村克(なかむらかつみ)
  • 生年月日:1994/02/21
  • 性別:男
  • 血液型:B型
  • 身長:185cm
  • 体重:80㎏
  • 所属:イトマン東進
  • 学歴:早大
  • 代表国:日本
  • 出身地:東京都
  • 競技:競泳
  • 出場予定種目:自由形
  • 主な戦績:18年アジア大会50メートル、100メートル自由形銀メダル
  • 五輪代表歴:リオ五輪

中村克 身長185cm

中村克選手は身長185㎝もあるんですね!

身長と比例して手足も長いはずなので、水泳にはとても有利な体形に恵まれていますね。

中村克 大学

中村克選手は、武蔵野高校を卒業されたのち、早稲田大学スポーツ科学部に入学し2016年に卒業されています。

中村克 実家は足立区

中村克選手は東京都調布市のご出身で、その後中学2年生のときに東京都足立区にお引っ越しをされています。

現在ご実家は足立区にあるようです。

中村克 経歴

  • 2003年 調布で小学校5年生の時に水泳を始める
  • 2007年 中学2年で足立区に引っ越して「東京マリン舎人」所属となる
  • 2008年 全国中学校水泳競技大会の400mリレーで2位となる
  • 2010年 高校2年で国体に出場し50m自由形で優勝
  • 2011年3年の時には2連覇を達成。100m自由形でも2位になる
  • 2014年 学生選手権で50mと100m自由形で優勝
  • 2015年 大学3年生で日本選手権の50mと100m自由形で3位に入る
  • 2016年 日本選手権の50mと100m自由形で優勝
  • リオデジャネイロ五輪の日本代表に選ばれる
  • 2018年 コナミオープンで100m自由形47秒87の日本記録樹立

中村克選手は小学校5年生の時に水泳を始めています。

オリンピックで活躍する選手のほとんどが幼少期から水泳を習い始めているのに対して、中村克選手の小学5年生という年齢はずいぶんと遅れてからのスタートという印象を受けますね。

中村克選手は、小さいころからお兄さんと一緒にサッカーに励んでいたそうです。

そんな中村克選手が少額5年生になったある時、中村克選手の母御が交通事故にあってしまいます。

お母さんはライフセーバーになるのが夢だったそうですが、その夢を断念せざるを得なくなってしまったそうです。

それを見た中村克選手は、「僕が代わりに泳ぐ」と言って、サッカーを辞めて水泳をはじめることになったのだそうです。

中村克選手が当時住んでいた調布市では、本格的なプール教室しかなく、小5で初心者からでも始められるプール教室がなかったそうなのですが、やっとのことで受け入れてもらえる教室を見つけることができたそうです。

そこでコツコツと練習を重ね、その後中学二年生で引っ越した足立区では、もう一段階レベルアップしたプール教室に通いながら練習を継続してきたそうです。

そしてその努力が実り、中学三年生のときの全国中学校水泳競技大会では、400mリレーで2位という結果を収めることができました。

周りの選手はみな幼いころからプール教室に通って練習してきているのに対し、中村克選手は小学5年生からプールをスタートして全国大会にまで出場するまでに至ったということは、持って生まれた天性の素質と、たゆまない努力があったからということなのかもしれません。

さらに中学2年のときにはインターハイの50m自由形で優勝!

中学3年生のときには、50m自由形で2連覇!

大学生になるとさらに記録は伸び続け、

2014年学生選手権 50mと100m自由形で2冠。

翌年のジャパンオープンでは

冠を達成し、2015年のジャパンオープンでは、48秒41の日本新記録を樹立して100m自由形で優勝。

そしてリオデジャネイロのオリンピックの予選では、47秒99を出して、自身の持つ日本記録をさらに更新。

さらに、2018年の世界選手権では銀メダルに相当する47秒87を記録。

このように自身の日本記録をどんどん塗り替えています。

このように、記録を伸ばし続けている中村克選手は、東京オリンピックでのメダル獲得も夢ではありませんね!

まとめ

「中村克がイケメンで筋肉がすごい!インスタや画像も!」についてご紹介しました!

小5から水泳を始めて、瞬く間に実力を上げ日本新記録を出し、その自身の新記録を何回も塗り替えるほどの実力のある選手へと成長した中村克選手。

トレーニングにボクシングを取り入れたり、努力を怠らない姿勢が実を結んでいるのかもしれませんね。

それが無駄のない筋肉にもなって、より一層魅力も増していますね。

東京オリンピックでは金メダルを取ってもらえるよう応援したいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる