MENU

森川正規(マサノリ)の年収は?ブランド休止で現在は?

元AKB48の前田敦子さんが、離婚後3ヵ月目にして同棲状態であると報道されている森川正規さん。

そんな 森川正規さん の年収が、ブランドの休止によって激減しているという情報が・・・

  • 森川正規さんの年収は?
  • 森川正規さんのブランド休止の理由は?
  • 森川正規さん経歴は?

についてお届けします!

それでは早速見て見ましょう!

目次

森川正規(マサノリ)の年収は?ブランド休止で現在は?

森川正規 2020年までの年収

森川正規さんは、2020年まで世界的なファッションブランド「クリスチャンダダ」のデザイナーとして、パリコレモデルの衣装のデザインを手掛けていました。

それだけでなく、あのレディーガガの世界衣装のデザインなども手掛けていました。

「クリスチャンダダ」と「レディーガガ」のデザイナーをしていた当時の収入は、

  1. 有名アーティストや映画『東京喰種 トーキョーグール』の衣装デザイン
  2. 有名ブランドやアーティストとのコラボ
  3. クリスチャンダダのデザイン収入

などの3つが主な収入源でした。

パリコレなどを手掛ける有名デザイナーの年収は億を超えることがあるので、森川正規さんも当時の最高収入は億を超えていた可能性があります。

クリスチャンダダ(CHRISTIAN DADA) 休止

しかし、2020年になるとブランド「クリスチャンダダ」は休止となってしまいました。

「クリスチャンダダ」のブランド自体が無くなってしまったことで収入も激減した可能性が高いです。

そこで新たに2021年、ブランド「ベイシックス(BASICKS)」を立ち上げました。

このブランドは「クリスチャンダダ」と違いシンプルでユニセックスなデザインをモチーフにしています。

そしてサステイナブルな素材を使用しているということでも話題となりました。

2021年に立ち上げたばかりですが百貨店でも販売されるなど、かなり注目を浴びているブランドであることがわかります。

森川正規さんは自身で開業してデザインと販売をしているため年収は数千万円を下らないという話です。


現在の森川正規さんの現在の年収は、「ベイシックス」という2021に立ち上げたご自身のブランドのからの収入がメインだと考えられます。

森川正規のブランド休止理由は?

25歳で立ち上げた「クリスチャンダダ」を自分自身が「以前よりも着なくなっていた」というクリエイションのギャップも、今回の決断に至った理由の一つだという。「レディー・ガガ(Lady Gaga)が着用してくれたこともあり、世間が抱くブランドのイメージは創作性。でも、35歳になった自分の今の服装はそうではない。自身のライフスタイルからにじむような服を作りたい欲求が高まっていった」。

https://www.wwdjapan.com/articles/973595

25歳のときに立ち上げたクリスチャンダダですが、35歳になったときにはもう着なくなっていたということがブランド休止へ至る大きな要因だったようですね。

森川正規 経歴

  • 2010年「CHRISTIAN DADA(クリスチャンダダ)」を設立
  • 2013年 DHLデザイナーアワード受賞
  • 2015年 毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞
  • 2016年 パリコレクションで公式スケジュールにてショーを行う
  • パリ・クチュール組合への加入は日本人では最年少での参加となった
  • 2017年 香港にて「10Asian Designers to watch」の10人に選出される
  • 2020年1月「CHRISTIAN DADA(クリスチャンダダ)」活動休止を発表
  • 2021年3月「Basicks(ベイシックス)」設立

「森川正規(マサノリ)の年収は?ブランド休止で現在は?」のまとめ

「 森川正規(マサノリ)の年収は?ブランド休止で現在は? 」 についてご紹介しました。

クリスチャンダダを休止させて、2021年より新ブランド「BASICKS」を立ち上げて現在はそこからの収入がメインになっているようです。

前田敦子さんとの同棲が噂されるようになり、そのあたりがブランドイメージにどの程度影響するのかが心配なところはあるかと思いますが、今後も情報が入ってきたら更新します。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる